2018年09月11日

ギプス巻きを練習しました




みなさん、こんにちは。教員の伊藤です。



先週は、期末試験が行われました。




1年生のみなさんは、はじめての試験対策で



夜遅くまで、学校に残って頑張っていましたよ。



みなさんおつかれさまでした!





さて、今回は前回に続いて



1年生の実技授業を紹介します。




1年生ではまず、包帯の基本を学びます。



その後に、さまざまな固定道具を使って



固定法を学びます。





先日は、テーピングでの足関節、



膝関節の固定を学びました。





今回は、ギプス巻きに挑戦です。


先生の説明を聞いて、



各斑に分かれて巻いていきます。



ギプスは、巻いている最中から



硬化していくので、




みなさん少し焦りながら巻いていました。




DSC_0883.jpg


ギプスを巻く前に綿包帯を巻きます。



DSC_0885.jpg



きれいに巻いていますね。






今度はギプスをカットしていきます。




カットした後に、それを装具として使用するので、




きれいに半分に切っていきます。



DSC_0887.jpg




ギプスの巻き方は、今まで学んできた




包帯の巻き方と同じです。




うまく巻けなかった人は、




包帯の基本の大切さを再認識したことと思います。




また、一緒に練習しましょうね。





今後、1年生は臨床実習の授業内で、




接骨院での受付業務、




診察の基本などを学んでいきます。



学ぶことがたくさんあって、




大変ですが、一緒に頑張っていきましょう。



posted by 八丁堀の柔整科 at 11:07| 柔道整復師とは