2017年05月24日

先生に聞いてみよう@ 「進路相談編」

みなさん、こんにちは。教員の伊藤です。

新入生のみなさん、就職1年目の卒業生のみなさん、
慣れないことで緊張したり、ストレスで疲れている
時期じゃないですか?

こういう時は、体を動かすことが一番ですよ。

僕はリフティングも変わらずやっていますが、

最近は娘とテニスを始めました。

休日の時間がある時は、ジョギングしています。

いい天気の時は本当に気持ちいいですよ。

先日は学校までジョギングで行ってみましたが、

帰りはさすがに疲れました。


みなさん、ほどほどにね。



さて今日は、進路に迷っている高校生の方、

社会人の方々の参考になればと思い、

複数の資格を持っている教員を取り上げて

学校選びや複数の資格を取ることのメリット

などについて聞いてみたいと思います。



「では先生方、よろしくお願いします。」



向かって左、白衣を着ているのが坂口先生、

赤いネクタイで決めているのが橘先生です。


坂口先生は、柔道整復師・はり師・きゅう師・

あん摩マッサージ師の資格を持ち、すべての

教員資格を持っています。


橘先生は、柔道整復師・はり師・きゅう師の

資格を持ち、柔道整復師の教員資格を持って

います。


IMG_5739.JPG




「まず、先生方が医療系の学校に進学しようと

 思った理由は何ですか?」


(坂口先生)


高校生の頃はバスケットボール部に所属して、

よくケガをして治療院に通っていたこともあって、

治療院の先生が身近な存在だったからですね。


(橘先生) 


私はサッカー部に所属して、スポーツトレーナーに

憧れてこの世界にとびこみました。

また叔父が鍼灸接骨院をやっていたことにも影響を

受けました。





「なぜ2つの資格を取得しようと思ったのですか?」


(坂口先生)


根が欲張りなんだと思います()

患者さんの状態に合わせて最も適切な治療を提供

できるために、自分が持っている武器を1つでも

多くしたいという思いが強かったですね。


(橘先生) 


僕も同じですね。外傷だけでなく、慢性疾患なども

治療していきたいと思っていました。





「資格を取得した順序は?」


(橘先生)


私は最初から2つの資格を取得する予定でしたが、

まずは柔道整復科でしっかり解剖学を勉強してから

と思っていたので、柔道整復科を卒業後に

はりきゅう科に進学しました。


(坂口先生)


私は柔道整復科の3年生の時に、はり・きゅう・

あん摩マッサージ指圧科に入学しました。





「学生生活で大変だったことは何ですか?」


(橘先生)


北海道からの進学だったので、慣れない生活が

厳しかったですね。自炊していたのですが、

おかけで料理はある程度作れるようになりました。

勉強ではいろんな知識が学べて、楽しかったですね。


(坂口先生)


最初は、西洋医学を基盤とした柔道整復科で勉強

していましたので、東洋医学を基盤とする鍼灸の

学問との違いに戸惑いましたね。

ただ柔道整復と鍼灸は共通している部分も多いため、

予習・復習が同時にでき、知識の定着につながって

いったので良かったです。





「2つの資格を取得したことが、今どのように

 活かされていますか?」


(橘先生)


東洋医学、西洋医学の両方の視点から「人間の身体」の

勉強をしてきた結果、患者さんそれぞれの症状を

広い観点から説明したり治療することができていると

思います。

その経験を、学生さんの「???」に対する事例の提示に

活かしているつもりです。


(坂口先生)


私も、それぞれの資格の強みを活かしてスポーツ選手

からご高齢の方まで、幅広い層の患者さんにあたる

ことができています。

学生さんに対しては、両方の資格の勉強の難しさも

わかっていますので、学科にとらわれず、学生さんの

相談にはしっかり答えられていると思います。


IMG_5729.JPG





「最後に、これから学校選びをする方々に

 メッセージをお願いします!」


(橘先生)


専門学校はいろいろありますから、ホームページ

だけではなかなか選びきれない人もいるでしょう。

オープンキャンパスなどに参加して、自分の目で、

肌で感じて決めてほしいです。


(坂口先生)


幅広い知識・技術を学ぶことができる学校を選べば、

みなさんの将来の幅も広がります。

東京医療福祉専門学校は、そんなみなさんの期待に

応えられる学校ですよ。


(橘先生・坂口先生)


オープンキャンパスでお会いしましょう。

お待ちしています!


IMG_5741.JPG



先生方、ありがとうございました。


先生方も、みなさんと同じように進路に悩み、

学習に悩み、卒後のあり方に悩んだ先輩です。


橘先生・坂口先生だけでなく、

いろんな先生の体験談や学生の生の声を聞きに

オープンキャンパスや学校説明会にいらして

ください。


心からお待ちしていますよ!







posted by 八丁堀の柔整科 at 12:12| 日記

2017年04月03日

入学準備号〜なりすましにご用心?〜






みなさん、こんにちは。

柔整科教員の伊藤です。



入学式を明後日に控え、新入生の皆さんを

迎える準備が整ってきています。



伊藤先生.jpg 


柔整科新入生のガイダンス会場となる

402教室。


教科書・教材が整然と並んでいます。


IMG_20170403_100425.jpg 


ちなみに、医療科の専科のガイダンス会場の

401教室の様子。


ダブルスクールの人は、専科のガイダンス後に

柔整科のガイダンスにも参加してください。


IMG_20170403_100555.jpg 



同様に、本科ガイダンス会場の403教室。


IMG_20170403_100703.jpg 


・・・という状況です。



かなり満開に近づいた桜とともに

皆さんをお待ちしています。

入学式は、既にお知らせしていますように

鉄鋼会館こちらにて45日(水)10:00から

です。


IMG_20170403_080408.jpg 


以上、ここまでは

年度初めの多忙で動けない伊藤先生に代わり、

実は、医療科教員の湯浅がお送りしました。

(なりすまし…ってそういうわけね〜)






posted by 八丁堀の柔整科 at 11:59| 日記

2017年03月01日

柔道整復科3年生のみなさんへ

みなさん、こんにちは。教員の伊藤です。

とうとう35()の国家試験まで、
あと数日となりました。

思えば、この3年間いろんなことがありましたね。

最後の授業で、
みんなが必死に問題に取り組んでいる姿をみて、
本当にたのもしく成長してくれてうれしかったです。


3年間、頑張ってきてくれてありがとう。」


今は不安と闘いながら、
必死に努力していることと思います。

ただ不安に思うことはないです。

みんなが努力してきたことは、
僕が一番わかっています。

とにかく自分を信じて、
最後の最後まで努力すること。

それが絶対に結果につながるはずです。

当日は、僕も会場で一緒に戦います。
試験中は、ずっとみんなことを思っています。


「自分のやってきたことを信じて、
         最後の最後まであきらめるな。」


そして、胸を張って会場から出てきてください。
信じて待っています。



がんばれ!






posted by 八丁堀の柔整科 at 17:43| 日記