2018年06月09日

八丁堀のお祭り!



みなさんこんにちは。


柔整科教員の橘です。




今日6/8(金)は日枝神社のお祭りだそうで、


学校前が賑わっていました。





祭囃子に誘われてフラフラ外へ出てみると




IMG_0716.JPG






柔整、鍼灸専科3年生のシミズさんと

専科2年生のシマムラさんが見物に


来ていました。




早いもので、今年も6月になり、


入梅の季節となりました。雨


しかし今日は晴天に恵まれ、晴れ


お祭り日和でなによりですね。




お祭りの行列もやってきました。




IMG_0732.JPG



なんと天狗様や



IMG_0732.JPG



お馬さんも登場しました!


そして



 IMG_0723.JPG






みなさんお気づきでしょうか。


お祭りを見つめながらも


片時も参考書を手放さないシミズさん!


さすが受験生、その姿勢やよし!?





勉強も忙しいかもしれませんが


たまには息抜きして下さいね!!






何事もメリハリが大事。


思いっきり遊んで、思いっきり勉強!


受験生のみなさんはそんな夏を過ごして下さい。





㊟体調管理もお忘れなく!

posted by 八丁堀の柔整科 at 11:36| 柔道整復師とは

2018年06月08日

高校訪問に行ってきました

皆さん、こんにちは!


柔道整復科 1年担任の水元です。



先日、柔道整復科学科長の伊藤先生と


新入生の母校である埼玉県立杉戸農業高校を


訪問してきました。




写真1.JPG





道中、田んぼが一面に広がっていたり、


綺麗な川があったりでと、


建物が多い都会では見られない


自然いっぱいの雰囲気に心が癒されました。





写真2.JPG



川でザリガニを見つけたときと


カエルを見つけたときの


伊藤先生のテンションの落差が


すごかったです。



皆さん、知っておいてください。


伊藤先生の弱点は「カ・エ・ル」です。


(悪用厳禁!)








写真B.JPG




訪問先の杉戸農業高校では、


翌日に体育祭があるため、


グラウンドでその予行演習をされていました。



練習だというのに学生たちは一生懸命で


活気があり盛り上がっていました。





そして大変忙しい時期にも関わらず、


進路指導部の先生に丁寧な対応をしていただき、


卒業生の近況を報告させていただきました。






改めて、


大切な学生を預かっているという責任を感じ、


彼らの夢・目標に近付けるよう


サポートしていきたいと思いました。




本校では、定期的に学生の出身校を


教員が訪問し、高校の先生方に近況を


  ご報告しています。



また、ブログにて報告しますので、


お楽しみに!






posted by 八丁堀の柔整科 at 10:27| 柔道整復師とは

2018年06月05日

新入生インタビュー part2!




皆さん、こんにちは!


柔道整復科の水元です。


写真1.jpg


前回に続きまして、


新入生にインタビューをしてきました。


今回協力してくれたのは


柔道整復科1年のオオガラさんです。


写真2.JPG




(以下、M:ミズモト O:オオガラ)



M:オオガラさんは高校卒業後に本校へ


入学されましたが、


専門学校の生活には慣れてきましたか?




O:そうですね、最初の頃に比べたら


打ち解けてきていて、同じ年齢の方とも、


年上の方とも仲良くなり、楽しくやっています。





M:そうですか、クラスは仲が良さそうですね。


学校外の時間は何をしていますか?




O:主にアルバイトをしていることが多いですね。


学校が始まる前の午前中は接骨院で


アルバイトをしており、学校が終わってからは


スーパーやコンビニで働いています。





M:3つの仕事を掛け持ちしているのですか!


すごく充実してそうだけど、大変そうですね。


勉強時間は確保できていますか?




O:はい、3つ掛け持ちをしていても、


休みの日は確保しているので、


なるべく勉強もするようにしています。





M:そうですか、無理のない程度で


頑張っているのですね。


学校の授業はどんな感じですか?




O:うーん、やっぱり最初は難しいと思うことが


多いですね。


毎日、医療に関する専門用語を必死に


覚えています。





M:そうですか、確かに最初は何も知らない


状態からスタートなので


覚えることがいっぱいで大変ですよね。


でもそれだけの知識がないと


患者さんを助けることができないから


少しずつ頑張っていきましょう。



実技の授業はどうですか?




O:そうですね、実際の臨床現場で使える技術を


教えてもらっているのですごく楽しいです。


包帯も最初はなかなかうまく巻けなかったけど、


何度も練習していくうちに徐々に


巻けるようになってきて、


どんどん好きになってきました。


もっと上手に早く巻けるようになりたいです。




M:そうですか、実技に関しても


今までやったことがないことばかりだから


最初は難しいですよね。


でも練習した分、上手くなるからこれからも


頑張っていきましょう。




最後に、どのような柔道整復師に


なりたいですか?




O:そうですね、、、


患者さんから信頼される


柔道整復師になりたいです。



今まで部活などでケガをして実際に患者として


通院していました。


その時、先生の丁寧な受け答え、


明るい人柄に何度も助けられました。


なので私も、そんな先生になりたいです。




M:なるほど、自身が患者だったことがあるから、


余計に患者の気持ちがわかるのですね。


素晴らしい。




良い先生になれるよう


一緒に頑張っていきましょう!



オオガラさん、インタビューに答えてくれて


ありがとうございました。




途中、同じ1年生ですが、オオガラさんより年上の


ヤギヌマくんが心配になって


横の席に来てくれました。


写真3.JPG


前回のコヤマ君といい、ヤギヌマくんといい、


面倒見の良い年上たちばかりですね。


安心して見ていられるクラスです。




以上、前回・今回と2回に渡り


インタビューを行いました。




最後まで読んでいただき、


ありがとうございました。



posted by 八丁堀の柔整科 at 10:56| 柔道整復師とは