2016年06月29日

包帯法の学習スタート!

こんにちは、教員の片桐陽です。

今日はふたたび1年生の実技授業訪問にきています。

橘和豊先生による基本包帯法の実技です。


IMG_7575.JPG





はじめに橘先生から、基本包帯法それぞれの模範が
示されます。

IMG_7580.JPG




つづけて、クラスメート同士で練習していきます。

IMG_7593.JPG        IMG_7594.JPG

IMG_7610.JPG    IMG_7607.JPG




再度、要点の説明がなされます。

IMG_7687.JPG




そして最後に、
ほどいた包帯は巻き戻さなければなりません。

包帯の巻き戻しも大事な練習の一つです。


IMG_7651.JPG     IMG_7628.JPG




皆さん、いかがでしたでしょうか?


『包帯は1日にしてならず!』 ですよ。



橘先生、1年生の皆さん、

ご協力ありがとうございました。


東京医療福祉専門学校では、

現場に即した臨床技術も1年生の早い段階から
学んでいきます。






posted by 八丁堀の柔整科 at 10:44| 日常風景

2016年06月13日

ミッシーのホームカミング!

今日は、先の3月に卒業した4期生の一人、

「ミッシー」こと三島康佑先生が

来校してくれました。

三島先生は現在、ある接骨院グループで

新人研修の期間中とのこと。


忙しい毎日に、受験生の頃より

10kgほど痩せて、さらに精悍な顔立ちと

なっておられました。


今日の来校目的は、

久しぶりにとれた平日の休みに、

自身の学習不足を感じて、

なんと学校に勉強にいらしてくれた

…のです。



「資格を取ってからが本当の勉強

なんですね!」



という彼の言葉に、

教員として大きな頼もしさと誇らしさを

感じました。



がんばれミッシー! 

よき医療人となってください!



         元担任 片桐陽より




東京医療福祉専門学校では、

在校時から卒業後まで、一人ひとりの

サポートを大切にしています。


IMG_7071.JPG

本校芳野副校長と三島先生









posted by 八丁堀の柔整科 at 10:51| 日常風景

2016年06月08日

ショーケンのスポーツトレーナー日記A


みなさんこんにちは。

教員の成田です。


第2回は現場での治療法やトレーニングを

紹介しようと思ったのですが、その前にトレーナーをする上で個人的に大事にしていることについての話をさせていただこうと思います。



選手たち自身が成長するために自主的に何か行動を

起こすことは大事ですよね。


トレーナーというのはその語源から

『活動を通じて「選手の教育」をする』

これが重要な役割と言われています。


柔道整復師としての自分であれば

『外傷の処置や治療などを通じて選手の教育をする』

ということですね。


テーピングが巻けるから巻いてあげる。

ではなくてトレーナーがいない時でも自分で

テーピングが巻けるように巻き方を教える。

もっといえば巻き方を教えて下さいと選手から

言ってくるような対応の仕方をする。

そういったことをトレーナーする上で個人的に大事にしています。


スクリーンショット 2016-06-03 11.26.50.png



「練習中に選手が何も言ってこないけど動きを

みてたら怪我してそうだから、足痛いの?って

声をかけたんだよ。そうしたらやっぱり怪我しててテーピング巻いてあげたらすごい良くなったと

喜んでくれたんだよ。」

という話を知り合いのトレーナーなどから

よく聞きます。


これもトレーナーとしての一つのあり方だと

思います。

ただ自分は親切心から何か手助けをしようと

こちらから声をかけるというのはなるべく

しないようにしています。


トレーナーとして選手の手助けをするのは大事なことですが、選手の成長を考えると我慢して待つことも

必要だと思います。

何も言ってこないなら言ってくるように上手く接してみたり、テーピングをするにしても選手と

しっかり話をしてテーピングを巻くことのメリット、デメリットをしっかり伝えるようにしています。


もちろん選手が声をかけてくるのをただ待つわけではなく、選手が声をかけやすい雰囲気作りや自分自身がトレーナーとして何ができるのかをあらかじめ伝えておいたり、自主的に声をかけられるように

試行錯誤しています。


2013-11-15 03.48.35.jpg



これはあくまで一個人としての考えなので

何が正しいとか間違いということではなく、

様々な考えがあると思います。

スポーツをしてきた経験などから

こんなトレーナーがいてくれたら良かった、

あんなトレーナーになりたい、

そういった自分が考える理想のトレーナー像を持ち、そうなれるように努力することが大事だと思います。


2013-11-06 03.34.00.jpg








posted by 八丁堀の柔整科 at 10:45| 日記

2016年05月31日

1年生の実技授業風景

こんにちは、教員の片桐陽です。

今日は1年生の実技授業の訪問に

きています。

1年副担任の橘和豊先生による

柔道整復学の実技です。


まずはこっそりと扉の外から。


IMG_7165.JPG


皆さん熱心に聴講していますね〜。




それでは教室に潜入していきたいと

思います。


IMG_7155.JPG


入った瞬間に見つかりました・・・。

(潜入になってない)



今日の授業内容はケガの初期処置。

クラスのあちこちから質問が

寄せられます。


IMG_7160.JPG





つづけてテーピングの基礎実習も

行われました。


IMG_7158.JPG



まずは基本となる持ち方、

そして切り方へと続きます。


IMG_7162.JPG


皆さん、上手にできたでしょうか?



橘先生、

クラス全員のでき前はいかがでしょう?


IMG_7156.JPG


バッチリのようです!!

橘先生、1年生の皆さん、

ご協力ありがとうございました。




東京医療福祉専門学校では、

スポーツ現場に即した臨床技術も

1年生の早い段階から学んでいきます。







posted by 八丁堀の柔整科 at 17:52| 日常風景

2016年05月17日

カズの学内探訪

みなさんこんにちは。

今年度より柔道整復科に着任いたしました

橘和豊です。


私も本校一年目なので、新鮮な気持ちで学内を

探訪しつつみなさんにご紹介していきます。




まずは外観

八丁堀駅すぐそばにドーンとそびえています!


IMG_2197.JPG






入口を抜けると美しい花々が迎えてくれます!


IMG_2201.JPG






本校は伝統があり、古き良き医療と最先端の医療を

学ぶことができます!


IMG_2189.JPG






それは図書室にも顕著に表れています

古今東西を問わずたくさんの著書、医学書があり


IMG_2186.JPG






パソコンやDVDも視聴可能で様々な学習に対応できますね!


IMG_2188.JPG






次回はもっと奥のほうへ探訪してみます

それでは良い一日を!











posted by 八丁堀の柔整科 at 18:13| 日記

2016年05月10日

実技スキルアップゼミ

こんにちは。教員の片桐秀樹です。


今年度から授業外サポートの講座がはじまりました。


本日は実技のスキルアップゼミをご紹介します。

毎週火曜日の授業終了後、全学年の希望者に対し

実施しております。


内容は、診察法から治療法に至る様々な項目を

取り入れております。(包帯法・テーピング法・

手技療法など)


将来、臨床現場において

有益な実技のひとつになれば幸いです。



P4190188.JPG

P4190189.JPG


みんな集まれ!!

柔道整復師のたまごたち!!







posted by 八丁堀の柔整科 at 17:29| お知らせ・イベント

2016年04月29日

新1年生インタビュー

こんにちは、新1年生担任の片桐陽です。


IMG_6908'.jpg

(イラストは新1H画伯による担任像です。ありがとう!)

1年生は年齢層が幅広く、明るく朗らかなクラスです。

今日はクラスの中から3名の学生に協力してもらい、

インタビューを行ないました。

どんなお話が聞けるでしょうか?


 

〜学校生活も約1ヵ月となります。学校生活はいかがですか?〜


『はりきゅう科とのWスクールなので忙しい毎日

 です。』

『楽しいです!高校生の頃より、目標に向かっている

 感じがして、楽しくて仕方ありません。』

『同じクラスに、年上の人から高校新卒の人まで

 いて、大人の経験を聞くことが出来、とても楽しい

 です。』


IMG_7137'.jpg



〜入学して、学校について感じたことを教えてください。〜


『先生との距離が近い!!』×3

『同い年の人ばかりかと思ったら、いろんな年齢の

 人がクラスにいて本当に面白い!』

『男性も女性もいるので話が盛り上がります。』


IMG_7140.JPG



〜勉強はいかがですか?〜


『ダブルスクールは2つの学科なのでやっぱり勉強は

 難しいです。とくにプリントはしっかりまとめて

 おかないと後から苦労しそうです。』

『大変だけどやりがいのある内容なのでたのしく勉強

 しています。』

『専門用語は漢字が多いからやっぱり大変です。』


IMG_7143.JPG



〜将来の目標を教えてください。〜


『資格を取ったらまずは接骨院に就職して、修行を

 しっかりと積んだら、いずれ開業したいです。』

『病院などの医療機関で臨床経験を深めて、私も

 いずれは独立したいです。』

『まずはスポーツトレーナーを志望しています。また

 いずれは、高齢者の方々への訪問施療も取り組んで

 いきたいです。』



今回インタビューをした3名はみな、3月に高校を卒業

したばかりのフレッシャーズです。

いま抱えている熱い想いや医療への強い志しを、

いつまでも忘れずにこの道を進んでくれればと

思います。

教職員一同、全力でサポートしていきます!






posted by 八丁堀の柔整科 at 11:18| 日常風景

2016年04月22日

ショーケンのスポーツトレーナー日記@

みなさんこんにちは.

今年度から柔道整復科で勤務することになりました

成田昌健です。

ちなみに昌健とかいてショウケンと読みます!

よろしくお願いします。


高校の運動部(主にサッカー部)のトレーナーを

させていただいているので、その経験などから

トレーナーとしての心得や現場での治療法などを

少しずつこのブログで伝えていこうと思います。



第1回の今回は、

自分がトレーナーとして高校の部活に行った時に

どんなことをしているかを簡単に紹介します。


主に

トレーニング

選手の身体のケア

この2つです。


トレーニングに関しては、

怪我をしにくい身体を作ることと競技パフォーマンスを向上させるというところに焦点をあて3060分程度行ってます


選手の身体のケアに関しては,

怪我や疲労など身体に異変がある選手に治療や

アドバイスなどをしています。


その他に顧問の先生からの希望があれば、選手たちに身体のケアの仕方についての講習をしたり、選手から希望があれば個人のトレーニングメニューを作成したりもしています。

あとは、選手にイジられたり、ドッキリを仕掛けたりなどの重要な仕事もあります!笑


このような形でトレーナーとして週2〜3日ほど

活動しています。

今後、トレーナー活動のことをブログで報告させて

いただきますのでよろしくお願いします。


写真はトレーナーをしている高校のサッカー部の先日行われ公式戦のものです。


image1.JPG
posted by 八丁堀の柔整科 at 12:50| 日記

2016年04月18日

加藤さんのチャレンジ

今年の国家試験は
過去最低の合格率(全国平均64.3)の中、本校は
新卒・既卒ともに全員合格。合格率100で全国1位の栄誉となりました。

その合格者の一人である加藤里沙さんも試験直前まで、我々と一緒によく頑張ってくれました。
前回は惜しくも必修問題で1点足らず残念な結果となりましたが、半年間の海外経験を経て再チャレンジし、今年見事に合格されました。
一時は気持ちも萎え、辛い日々を過ごされたと思いますが、振り返ってみればこの一年間はけっして無駄
ではなかったことを加藤さん自身が証明されました。
人一倍努力した結果ですね。

KIMG0539.JPG

そして、なんと今年度から本校のはりきゅう科へ進学され、新たな分野への挑戦がはじまりました。
新たな向学心、探求心の芽生えは医療従事者として
だけでなく、人としての魅力を成長させる糧と成る
ことでしょう。

この春から研修先も決まり臨床現場での活躍と、充実したキャンパスライフを謳歌してくださいね。

一気に咲いた平成28年の『八丁堀の若桜!』本当におめでとうございます。益々の飛躍を祈念致します。


元担任 片桐秀樹より


追伸  白髪が増えました〜(笑い)


posted by 八丁堀の柔整科 at 11:57| 日常風景

2016年04月15日

国家試験対策塾 開講しました

みなさん、こんにちは。教員の伊藤です。


4/13()、国家試験対策塾 1回目の講義が

終了しました。

たくさんの学生さんが参加して、熱心に取り組んで

いました。



DSC_0117.jpg



本校は年々難易度が高くなってきている

国家試験に対応するため、

授業外での補習授業はもちろんのこと、

国家試験対策塾などさまざまなサポート体制が

充実しています。


そのため本校は国家試験合格率が高く、昨年度は

あん摩マッサージ指圧師100 % 、柔道整復師100 %

というすばらしい結果を残すことができました。


国家試験対策塾では、夏休みまでに解剖学・

生理学の基礎を固めることを第一目標として講義を

行っています。



「なにから勉強したらいいかわからない。」という

学生の声をよく聞きます。

当然だと思います。私も学生の時そうでした。


そういう自分の経験を踏まえて、覚えないといけない

ポイントを整理整頓し、わかりやすく伝えていける

ように私も努力しますので、みなさん一緒に頑張って

いきましょうね!


そして来年、卒業式をみんな笑顔でむかえられ、

謝恩会で楽しいお酒を飲みましょう!


posted by 八丁堀の柔整科 at 10:31| 柔道整復科について